Schedule

各フロアで行われるイベントのスケジュールです。 ※スケジュールは予告無く変更される場合があります。

2011-11-04(金)
Earth Diver

■LIVE
MimiCof
Harp On Mouth Sextet
cokiyu
mergrim x kazuya matsumoto

■DJ
INNER SCIENCE

■MimiCof  http://midorihirano.com
京都府出身、1979年生まれ。現在ドイツ/ベルリン在住の音楽家。大学をクラシックピアノ専攻で卒業した後に、ピアノを始めとするアコースティック楽器に加え、電子音やフィールドレコーディング、サンプリング、ボーカルなどを自在に操りながら多彩な音楽を作り出し、これまでにmidori hiranoとしてはMIDIクリエイティブ/nobleから2枚のアルバムを発表。その他、国内外のレーベルコンピレーションや、アーティストとのコラボレーションにも数多く参加。2008年にリリースされたセカンドアルバム「klo:yuri」は世界的に知られる老舗のニュース雑誌「TIME誌」で取り上げられ、またイギリスの国営放送BBCのラジオ番組でも収録曲およびロンドンで行ったライブについて紹介されるなど、海外のメディアにおいても大きく認知される事となる。また自身の作品制作以外にも、国内外の映画のサウンドトラックを担当するなど映画音楽の分野にも活動の場を広げ、2008年2月にはベルリン国際映画祭主催の若手映画製作者向けプログラム「Berlinale Talent Campus」に作曲家部門では当年唯一の日本人として招聘される。2008年以降はベルリンを拠点にヨーロッパ各地でライブパフォーマンスを数多く行っており、2011 年2月にはベルリンの大型フェスティバルClub Transmedialeに、Bernd Friedmann & Jaki Liebezeitのライブ映像を担当しているJeffers Eganと共にオーディオ/ビジュアルセットでの出演を果たし、signal, Deadbeat&Lillevän(ex-Rechenzentrum), Monolake, Tikiman with Scionらとステージを共にする。現在は生楽器を主体にした楽曲を制作するmidori hiranoとしての活動と平行し、コンピュータによるプロセッシング等を多用するなどエレクトロニックミュージック的なアプローチを中心とした新しいソロプロジェクトMimiCofとしてその表現の幅を広げており、2011年6月にはMimiCofとしては初のフルアルバム「RundSkipper」をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

■Harp On Mouth Sextet
Harp On Mouth Sextetは京都の電子音楽家・テノリオン奏者のRUBYORLA(ルビオラ)が中心となり2002年に結成。
平安に生まれたとされる宮廷音楽「雅楽」を笙などの伝統和楽器を用いずプリペアド(改造)されたハーモニカを中心に再構築する唯一無二のプロジェクト。メンバーはRUBYORLA(LIVE P.A.+テノリオン)、ARTHAND(パーカッションetc.)、女性奏者6人(改造ハーモニカetc.担当)で構成される。白装束を纏ったヴィジュアルとシンクロナイズした映像から繰り広げられる独自の世界観を放つライヴパフォーマンスで、FUJIROCKFES’09、渚音楽祭2009秋、現代芸術フェスティバル2009、NEUTRAL NATION2009、BAKUTO OSAKA 2010、京都精華大学木野祭2010などに出演。現在までに3枚のオリジナルアルバムを発表しており、3rdアルバムとなる「襲乃音色」がJapan Timesで取り上げられるなど国際的評価も高い。最近では、shu uemura×蜷川実花 ”sakura collection2011”「SAKURA]」への楽曲提供など活動の幅を広げている。

■cokiyu
愛媛出身の女性アーティスト。音大在学時よりコンピュータを用いた現代音楽作品を創作。2005年より彼女の作品を聴いたausが自身のアルバムにボーカルとして起用。sonarsound tokyoに出演。国内外のコンピレーションへの楽曲提供を経て、2007年には、flauより待望のソロデビューアルバム『Mirror Flake』を発表。イギリス、ドイツ、イタリア、アメリカの海外音楽誌が絶賛。アルバムの楽曲が、東京モーターショーや、キヤノンのウェブサイトなどで使用され、話題を呼ぶ。ボーカリストとしての活動もめざましく、ausをはじめ、Bichi (The Blue Foundation) やEberg、Robert Svensson、TSAN、re:plus の作品に参加。2009年には、オーストラリアでausとのスプリットツアーを行い、さらにデンマークのSPOT FESTIVALに招待されるなど、海外でライブパフォーマンスも展開。昨年、大ヒットを記録した中島哲也監督の映画『告白』サウンドトラックに新曲2曲が収録され、また、カラスヤサトシの人気まんが実写化した映画『おのぼり物語』 にもアルバムの楽曲が挿入歌として使用されている。今年8月に『Mirror Flake』のリマスター盤(Ametsub、Geskia、Tyme.によリミックスを収録)を、9月には4年ぶりとなる新作アルバム『Your Thorn』をリリース。

■mergrim(moph / liquidnote)
兵庫県宝塚出身。東京を中心に活動する音楽家、サウンドデザイナー。
1998年よりバンド等を経て2004年より今のスタイルのキャリアをスタート。2005年に有志と電子音楽のレーベルmoph recordを設立。
これまでにアルバムを4枚、digital EPを10枚リリース。2008年、レーベルメイトのShotaroHirata,zariganicurry,tujirouとのUnit、”mophONE”の1stAlbum”plug”を発売。mergrim名義では限りないジャンルの作品を創り続け、CM、WEB、CIなど様々な媒体へ制作。2011.1.11に自身初となるソロアルバム”Invisible Landscape …” を発売。3月に発表したmasato tsutsuiとの[beautiful corruption]MVは4日で2万PVを記録。makoto yabuki氏との[senkyou]MVも発表し、大きな話題を呼んでいる。4月よりiTMSやBeatPort等、worldwide digital releaseも開始。いずれの活動も聴覚より五感へと紡ぎ、記憶に繋がる様に実験、実践を繰り返している。

■ INNER SCIENCE (インナー・サイエンス)
西村尚美によるソロ・ユニット。浸透するように透明できらびやかな音色とメロディー、そこに拮抗する振り幅の広いリズム隊を操り、エレクトロニック・ ミュージックの範疇ではありつつも、その中のどのジャンルにも収まる意思を見せないカラフルでエモーショナルな世界観の楽曲を産み出す。それらの素材をリ アルタイムにエディット&ダブ・ミックスするスタイルでのライブと、自身の音楽観を派生/拡大解釈した様々なソースを大胆に紡ぐDJプレイには定 評があり、いわゆるクラブ、ライブハウスの現場だけに留まらず、メディア・アート系イベントから野外パーティーまで、昼夜を問わず様々な場面で様々なタイ プのクラウドを唸らせている。 また、2004年以降はアンビエント・ミュージックに特化したプロジェクト”PORTRAL”(ポートラル)としても12inchやアルバムなどを発表し、並行してライブ活動も行っている。
最近では、東京・お台場にある日本科学未来館のプラネタリウムのコンテンツ『BIRTHDAY』の音楽制作や、NPOであるLAのネットラジオ局・ dublabの募金キャンペーンへの楽曲提供、Opiateが主宰するデンマークのレーベルHobby IndustriesからのASLOPE “A Helping Hand”のリミックス提供、海外でも評価の高い日本人アーティスト9dwへ提供したリミックス楽曲が2012年度の電通の新卒採用HP「DENTSU RECRUIT 2012」のBGMに採用…などのトピックに加え、エンジニアとして親交の深い他アーティストのトラックダウンからマスタリングまでの作業も数多くこ なすなど、多彩に活動。自身のプライベート・レーベルPlain Musicも2007年から運営しており、自身の12インチやTシャツなどラインナップを増やしている。 http://www.masuminishimura.com

ローソンチケット L-72924
e+
(9/9発売開始)

*20歳未満の方のご入場はお断りしています。
*ご入場の際は身分証明書の提示をお願い致します。名称未設定 1

OPEN / START :
23:30 / 23:30
TICKET ( ADV / DOOR ) :
ADV / DOOR ¥2500 / ¥3000 (with 1drink)
予約 :
予約終了

LiveHouse ERA

CLUB ERA