Schedule

各フロアで行われるイベントのスケジュールです。 ※スケジュールは予告無く変更される場合があります。

2013-11-23(土)
Earth Diver vol.9 ~ chikyunokiki “Layer” Release Tour ~

■ LIVE
chikyunokiki /
Jemapur /
Yaporigami /
tickles /

■ DJ
INNER SCIENCE /
Ametsub /

ローソンチケット L-71447
e+
(11/1 発売開始)

▶chikyunokiki(チキュウノキキ)
2010年10月結成。国内外のミニマル・ポップス・音響系・ポストロック等、メンバーの多方向な趣向を生かし、自分達にとってグッと来る新しい音楽を模索中。vo、guitar、bass、drumsのシンプルな構成に加え、それぞれがシンセサイザーやサンプラーを演奏しさらには無機質な空間を演出するプログラミング言語Pure Dataを駆使しバンドを構成する。空間演出も含めた自主企画のライブを不定期に開催。 併行して短期の東京ツアーを定期的に行い、高い関心を呼ぶ。2011年9月、2012年5月には長野の音楽フェス「りんご音楽祭2011」に出演。2011/04/29に1st EP「”=” EP」を自主制作リリースし、好評を得る。2013年頭に、配信シングル”Layer EP”、そして、2013年に1st Full Album “Layer”を、札幌の前衛的音楽レーベルinimitableと異色のタッグを組みリリースする。今、さらなる高みへ飛び立とうとする彼らの注目度は、日毎に高まっている。
http://www.chikyunokiki.net/

▶Ametsub
東京を拠点に活動する音楽家。 2009年にリリースした最新アルバム”The Nothings of The North”は、世界中の幅広いリスナーから大きな評価を得て、 現在のシーンに揺るぎない独特の地位を決定付けた。 坂本龍一「2009年のベストディスク」にも選ばれ、ドイツのMille Plateauxからライセンスリリースが決定。 アイスランドではYagyaやRuxpinと共にライブを敢行。2011年春にはスペインのLEV Festivalに招聘され、Apparat、Johann Johannson、SBTRKT、Pantha Du Prince、Jon Hopkinsらと共演。湖の上でオーディエンスに囲まれる条件下であったが、後日L.E.V. Festivalのベストアクトと称され、同フェスティバルへ大きな衝撃を残す。 2012年6月6日にリリースされた待望の3rd Albumは、新宿タワーレコードでマイブラやSigur Rosなどと並び、洋楽チャート5位に入り込むなど、未だに驚異的なセールスを記録中。 昨年はFujiRock Festival’12への出演も果たし、ウクライナでのライブ、バルセロナのM!RA Festivalなどに出演。今年はbvdubやTim Heckerといった世界的なアーティストの来日公演に同行し、今夏にはイタリアのFLUSSI、デンマークのSTROM、オランダのMind Camp等、国境を超えた活動を展開中。突き抜けた個性を持ちとても稀有な場所にいながら、大自然を描くような強烈なサウンドスケープは世界中にファンを広げている。
http://www.drizzlecat.org/

▶INNER SCIENCE
西村尚美によるソロ・ユニット。浸透するように透明できらびやかな音色とメロディー、そこに拮抗する振り幅の広いリズム隊を操り、エレクトロニック・ ミュージックの範疇ではありつつも、その中のどのジャンルにも収まる意思を見せないカラフルでエモーショナルな世界観の楽曲を産み出す。 それらの素材をリアルタイムにエディット&ダブ・ミックスするスタイルでのライブと、自身の音楽観を派生/拡大解釈した様々なソースを大胆に紡ぐ DJプレイには定評があり、いわゆるクラブ、ライブハウスの現場だけに留まらず、メディア・アート系イベントから野外パーティーまで、 昼夜を問わず様々な場面で様々なタイプのクラウドを唸らせている。
12inch Analog『Border Reflections e.p.』を今秋リリース予定。
http://www.masuminishimura.com/

▶tickles(MOTION± / madagascar)
エレクトロニクスと生楽器を絶妙なバランスで調和させ、力強さと繊細さを自然体で同居させる。人間味溢れる温かいサウンドを志向する湘南在住のアーティスト、鎌田裕樹による電子音楽団tickles(ティックルズ)。2006年発売の1stアルバム『a cinem a for ears』リリース後から続けてきたバルセロナやローマ、韓国などを巡ったライブ・ツアーでは、人力の生演奏を取り入れたスリリングでドラマチックなライ ブ・パフォーマンスで大きな賞賛を得た。そんな数々の経験を経て紡がれた珠玉の楽曲をたっぷりと詰め込んだ待望の2ndアルバム『today the sky is blue and has a spectacular view』(2008年)は自身のレーベル<m adagascar(マダガスカル)>よりリリースされ、TOWER RECORDS、iTunesを中心にセールスを伸ばし、高い評価を得た。2011年、次なるステップへと進むべく<M O TIO N±>と契約。ピアノ、シンセサイザー、フェンダー・ローズ、ピアニカ、オルガン、鉄琴、オルゴール、ギター、ベースなど、様々な楽器を駆使しながら感情的なメロディーと心地良いリズムを生み出していくスタイルに更なる磨きをかけ、3rdアルバム『on an endless railw ay track』を2012年4月にリリース。6月にはSchool of Seven Bells来日公演のサポート・アクトを務めるなど、リリース後はエレクトロニクスとリアルタイム・サンプリングを駆使するライブ活動を精力的に展開。柔らかいビートの上で胸を震わせる旋律が幾重にも重なり合い、交
錯していく夢幻のサウンドスケープは聴く者の心を捉えて離さない。今年7月には4枚目となるニュー・アルバム『old note & afterw ard』をリリースした。
http://motion-pm.com/?p=242

▶Jemapur (Phaseworks, Saluut, Detroit Underground)
電子音楽家。自主レーベルLakho、オンラインショップSaluut主宰。Audio+Visual制作集団JKD Collective所属。2001年頃よりコンピュータを用いた制作を開始。Eerik Inpuj Soundからのリリースを経て、活動を開始。2002年、Sabiと共にSAAG Recordsを設立したが、現在は休止中。その後自主レーベルLakhoを設立。2010年よりデザイナー・石井利佳らと共に作家自身による電子音楽のセレクトショップSaluutを運営している。これまでに、”Dok Springs” (Hydeout Productions, 2006), “Evacuation” (W+K Tokyo Lab / EMI Music Japan, 2008), “Microsleep” (Lakho, 2011), “Empty” (Phaseworks, 2012) の4枚のアルバムを発表。2010年にはオーストリア・リンツで行われたArs ElectronicaにGenki Itoと共に招致されオープニングアクトを務め、2011年、London, Paris, Berlin, Brightonを回るミニツアーを敢行するなど、活動の幅を広げている。自身の活動の他に、Sony Playface, Nike, Uniqlo, onedotzero, WOWなどのCM音楽や映像作品への音楽提供や、ユニットとしてDELMAK (w/ Cutsigh)、Pull Out (w/ Manathol), Young Juvenile Youth (w/ Yuki) など各方面で偶発的に活動中。11/13日には新作 “Slide”を日本の新興レーベルBetaよりリリース予定。
http://jemapur.inpuj.net/

▶Yaporigami
日本と英国を拠点に活動する電子音楽家”Yu Miyashita”によるビートミュージックプロジェクト。2006年 1stアルバム『XIII』 のリリース以来、現在までにフィジカル/デジタル両媒体を含め計9作品をリリース。ノイズ、グリッチなどの音色を駆使したダークミニマル/マイクロハウスといったクラブ・ミュージックとパンクの様な過激さを兼ね備えた硬質な電子音響作品を制作している。電刃、BRDG、OUT OF DOTS、IdleMoments等の国内主要イベントや、Overkill、Loop FestivalといったUKイベントに加え、ドイツ、アイスランド等国内外で精力的なライブ活動を行っている。2012年2月『Jade Fib』(+MUS)より制作されたミュージックビデオ”PLMS_IV_D (SyncBody)”が現時点で100,000再生を記録し映像作家を中心に世界的に大きな話題となる。

http://www.underarrow.com

★20歳未満の方のご入場はお断りしています。
★ご入場の際は身分証明書の提示をお願い致します。

OPEN / START :
24:00 / 24:00
TICKET ( ADV / DOOR ) :
¥2000 / ¥2300
予約 :
予約終了

LiveHouse ERA

CLUB ERA